管理コストの無駄を省き、適正な委託費でマンション会計を健全化します

管理コスト削減とは?

管理費の無駄を省き有効利用管理コストの削減とは、「管理費の支出において無駄をカットすること」や、「競争による単価のダウンにより管理組合の出費を削減すること」です。

「(他社と比較しないために)気が付かずにずっと相場より高い委託費を管理会社に払っていた。」や「(知らなかったため)ずっと見直さずにいて、無駄な支出をしていた」ということは、多くのマンションで経験があることです。このようなムダをみすみす見過ごさずに、この機会に管理費の有効利用について真剣に検討してみませんか?

■コスト削減の流れ

管理コストの流れは現行の分析、総会合意、価格交渉、総会承認、検証の順番で行います

STEP1・・現状把握

今の管理費支出に無駄がないか?相場より高くないのか?を検証するところから始めます。第三者に客観分析してもらうことをお勧めします。当事務所では無料診断サービスを実施。国家資格のマンション管理士が豊富な経験から「適正金額・サービスを検証・報告いたします。

STEP2・・合意形成

管理支出の見直しは管理組合運営にとって重要な事項です。削減の過程で管理会社を変更するプランも浮上することも考えられます。そこで、STEP1で現状把握した結果、削減の必要性及びメリットを組合員に理解し、理事会が削減を進めることについて追加の事業計画として総会承認を得ましょう。診断結果報告をさせていただいた後、管理組合様よりご依頼があった場合、管理コストコンサルをお受けいたします。

STEP3・・減額交渉(削減の方法)

マンション支出を見直すにはどのような方法があるのでしょうか?

1、契約している管理会社へ値引き交渉をする
もともとの金額が高ければ、値下げしてもなお相場より高いことが考えられます。他の会社から見積を取り、費用を比較してみることが大切です。

2、設備点検等を組合が直接契約する
管理会社を通して契約すると、その分マージン(手数料)が発生します。直接契約することで中間コストを減らすことができます。ただし、窓口が複数となるため、理事会の手間が増えるというデメリットがあります。

3、契約内容・仕様変更による削減
管理員の勤務時間を減らすとか、特別清掃の回数を年6回から年4回に減らすとかでサービスの仕様を見直しコストを減らします。この場合、質の低下に気をつけなくてはなりません。

4、管理会社変更による削減
今の契約先に対する不満が大きく、信頼関係の修復が難しい場合には、マンションに合う誠実なパートナーを新たに探すことも一つの方法です。

5、電気料の見直し
電力会社との契約条件変更や、照明をLED化することで、電気料金を減らします。

当事務所とご契約頂ければ、必要資料の授受・ヒヤリング等を行い、管理組合様と打合せを実施いたします。準備完了後、コンサルタントスタッフが管理会社及び各業者に対し減額交渉・相見積・プレゼンテーション等の手続きを行います。豊富な経験に基づくノウハウにより、品質を落さずに最大限の削減を引き出せるよう分析・検証します。

STEP4・・承認・契約

STEP3の結果、最善の削減案を理事会で選択。その後総会で承認して頂きます。契約内容や管理会社変更を伴う場合は、新旧の対比・分析、契約に不備がないかチェックします。削減後は品質の低下がないか経過観察を行います。

コンサルタントは理事会・総会の合意形成のお手伝いをするとともに、契約内容の確認及びアフターフォローを行い品質確保に努めます。

■目的・目標を持ちましょう!

やみ雲に支出を下げれば良いと言うわけではありません。コスト削減を追求しすぎると「安かろう悪かろう」になる可能性が強くなります。

  • どれくらいの金額を削減したいのか?
  • 削減し、余ったお金をどのように活用するのか?(修繕積立金にまわす等)
  • サービスと金額とのの兼ね合いをどのように考えていくか

目標を持って取り組むことで、総会の合意が得られやすく、住みよいマンションが実現できます。

管理費削減事例