管理コストを見直し、管理組合の財産を増やしませんか?

管理費の支出を見直し、暮らし底上げ!

家計は苦しい、管理費や修繕積立金は高くないの?分譲マンションにお住まいの方は、住宅ローンや税金のほかに、毎月管理費・修繕積立金をずっと払い続けなくてはなりません。しかし、残念なことに管理のお金に関心を持ち、安く良い条件を選択しようとする動きが少ないのです。

マンションのお金から支出されるお金の多くは、管理会社に支払う委託費や工事費が占めます。

管理会社に支払うコストは適正だと確信を持てますか?サービスに見合わない高いお金を払うなんて、もったいのない話です!限られた管理費を無駄なく有効に使ってください!!

■管理費の支出金額は妥当か考えてみませんか

経済の先行きが不透明で、所得も思うように上がらず、消費税増税も検討されている昨今、毎月の家計の出費を少しでも抑えたいというご家庭は多いのではないでしょうか?

必ずかかる毎月の管理費。日々かかるコストだからこそ、その支払い金額は適正なのか?当たり前だと思っているその管理費の支出は、当たり前では無いかもしれません。

このような状況下で管理組合に求められるのは、「管理コストの削減」が可能か?を知ることです。 管理コスト削減が皆様の負担を減らすことにつながります。

管理会社の言い値では、限りある管理費の浪費につながりかねません。 管理組合において管理の支出削減は重要な課題です。しかし、やみくもにコストをカットしてもよいわけではありません。無理なコストカットによってサービスが低下してしまっては何の意味もありません。マンション管理支援事務所では、無料にてご相談及び委託費適正診断を承っております。

▼まずは無料の管理委託費適正診断を!

▼修繕積立金の上手な使い方はコチラへ

管理費削減・支出の見直しの効果

■マンション会計においてこのような課題をお持ちではありませんか?

  • 赤字会計であるが管理会社から解決策が出てこない
  • 駐車場収入が減少で収支が赤字になっている
  • コストを削減するとサービスの質が低下するのではと不安がある
  • 管理会社と金額の交渉をするがなかなか削減が実現できない
  • 相見積を実施しても、比較が難しく安易に他の管理会社を選べない
  • 節約活動は行っているが、目に見えたコスト削減効果はあまりない

支出のムダがマンションの会計を不健全にします。管理会社が一方的に提案する「今まで通り」が通用する時代ではなくなりました。 「管理コストの削減」において、管理会社に支払う委託費が聖域になることがありますが、むしろ、管理費の支出で最も大きいのが委託費でこの部分についてメスを入れる必要があります。まず、その支出が妥当なのかを知ることからはじめて下さい。

■コンサルタントが理事会の負担を軽減します

管理コスト削減に取り組むために理事会運営が疎かになってしまってはまったく意味がありません。皆様の貴重な時間は余分に使わないでください。

管理コスト削減については安心の国家資格者がコンサルタンを行う当事務所にお任せください。豊富な実績をもとにお役に立てるよう励んでおります。管理組合様にとっての信頼できる身近な相談役として後利用頂ければ幸いです。

▼失敗しない管理費削減のポイントはコチラヘ

■管理費・委託費削減をマンション管理支援事務所がサポートします

当事務所では、豊富なコンサルタント実績に裏づけされた独自のアプローチ手法により、効率よく短期間にサービスの質を低下させることなく管理費の支出削減をサポートします。

管理コスト削減は、個々の支出の減額に注力するとバランスが悪くなりサービスの質の低下を招く原因となります。管理費支出全体を分析し、削減余地を算出したうえで各業者に対して減額交渉を実施、もしくは発注先・委託先の変更などによりコスト削減が実現いたします。