標準管理規約のワード一覧

【標準管理規約】 「標準管理規約とは?」
「管理規約の目的とは?」(第1条) 「区分所有権とは?」(第2条)
「区分所有者とは?」(第2条) 「占有者とは?」(第2条)
「専有部分とは?」(第2条) 「共用部分とは?」(第2条)
「敷地とは?」(第2条) 「専用使用権・専用使用部分とは」(第2条)
「規約及び総会の決議の遵守義務」(第3・5条) 「包括承継人、特定承継人とは?」(第5条)
「ピアノ教室や塾としての利用」(第12条) 「モラルには個人差があります」(第13条)
「バルコニー、専用庭は自由に使える?」(第14条) 「ルーフバルコニーに温室をつくってしまった」(第14条)
「なぜ自分の庭やバルコニーに使用料を?」(第14条) 「駐車場は誰のもの?」(第15条)
「転売や賃貸時の駐車場の使用」(第15条) 「管理事務室は管理会社のもの?」(第16条)
「なぜリフォームは管理組合の許可が?」(第17条) 「リフォーム申請はどれくらい前に提出するの?」(第17条) 
「リフォームの許可・不許可の判断基準は?」(第17条) 「申請の内容と実際のリフォームが違う時は?」(第17条)
「マンションのルールは使用細則で定める」(第18条) 「動物飼育の可否は管理規約で定める」(第19条)
「賃貸居住者はマンションのルールに従う義務がある」(第19条) 「マンションを管理する責任は誰にあるのか?」(第20条)
「管理組合が管理できる場所は?」(第21条) 「窓や玄関扉の交換は誰がするの?」 (第22条)
「管理組合が行なう改修を断ることができるの?」(第23条) 「共用部分等の損害保険の加入について」(第24条)
「管理費、修繕積立金の算出方法」(第25条) 「管理費等を滞納したまま部屋を売った時は?」 (第26条)
「管理費は何に使われるのか?」(第27条) 「修繕積立金から使われるお金とは?」 (第28条)
「建替の経費に修繕積立金を充当できる」 (第28条) 「借入金の返済は修繕積立金から賄う」(第28条)
「管理費と修繕積立金は口座を分ける必要があるのか?」 (第29条) 「駐車場等の使用料はどのような目的で使用されるの?」(第29条)
「駐車場無料は区分所有者の負担を大きくする」) 「管理組合役員の人数は何名が理想?」(第35条)
「管理組合役員の資格条件とは?」 (第35条) 「法人は役員になれるの?」 (第35条)
「役員の職務はどのタイミングで決めればよいか?」(第35条) 「役員候補の決め方は?」 (第35・37条)
「役員の任期はどのくらいがいいの?」(第36条) 「次期役員が決まらない時は?」(第36条)
「役員が引越しした時は?」(第36条) 「役員報酬、経費の支払いについて」(第37条)
「理事長の仕事とは?」(第38条) 「副理事長の仕事とは?」 (第39条)
「会計担当理事の仕事とは?」 (第40条) 「監事は理事ではない」(第41条)
「マンション管理組合の総会とは?」 (第42条) 「総会通知は何日前に発送するのか?」(第43条)
「総会通知の発送方法は?」(第43条) 「総会通知には何を書けば良いのか?」 (第43条)
「理事長以外の総会召集」(第41・44条) 「総会は原則区分所有者だけが出席できる」 (第45条)
「総会に賃貸居住者は出席できるの?」(第45条) 「総会の議決権とは?」 (第46条)
「専有部分が共有名義の場合、総会の議決権は?」(第46条) 「総会を欠席する場合は?」 (第46条)
「総会の成立・普通決議の要件」(第47条 「総会の特別決議とは?」 (第47条)
「特別決議が必要な内容とは?」(第47条) 「総会前に、特定の組合員から承諾を得なくてはならないこと」(第47条)
「総会の緊急動議は有効か?」(第47条) 「総会で決めること」 (第48条)
「総会の議事録は誰が作成するの?」(第49条) 「総会の議事録は記名ではなく署名が必要」(第49条)
「総会議事録の取り扱い」(第49条) 「アンケート決議は有効か」(第50条)
「理事会とは?」(第52条) 「理事長が理事会を招集しないとき」(第52条)
「理事会は何名出席で成立するの?」(第52条) 「理事会は家族の代理出席は認められない!?」 (第53条)
「理事会の議事録」(第53条) 「理事会で決められること」(第54条)
「修繕委員会等の専門委員会の位置付けは?」(第55条) 「マンションの会計の期間は?」(第56条)
「駐車場や駐輪場の使用料金はどこにいく?」(第29・57条) 「収支予算書は誰がつくるのか?」 (第58条)
「予算を超える臨時の出費が発生するときは?」(第58条) 「会計監査は重要」 (第59条)
「管理費等の徴収方法」(第60条) 「管理費等の自動振り替え手数料の負担先」(第60条)
「管理費等滞納抑止に遅延損害金の請求は効果的」(第60条) 「滞納者に対する法的措置の行使」 (第60条)
「部屋を売っても管理費等は返却されない」 (第60条) 「管理費が黒字になった場合、赤字になった場合?」(第61条)
「管理組合の銀行口座」 (第62条) 「管理組合の銀行口座の名義」 (第62条)
「理事長は重要書類を保管する義務がある」(第64条) 「管理組合がなくなった時の財産は?」 (第65条)