管理委託契約書の解説

【標準管理委託契約書とは?】 「管理委託契約は請負ではなく委任契約」(第1条)
「管理会社が管理する部分とは?」(第2条) 「管理会社が行う管理事務とは?」(第3条)
「管理会社は仕事を第三者へ再委託ができる」(第4条) 「業務を再委託した時の管理会社の責任」(第4条)
「管理会社の不注意で事故が起きた時の責任は?」(第5・15条関係) 「委託業務費の支払方法」(第6条)
「管理会社へ支払う委託業務費の内訳」(第6条) 「委託業務費以外の諸費用の負担先」(第6条・7条関係)
「緊急時は管理会社の判断で対応できる」(第8条) 「管理組合への事務報告 ホウレンソウ@」(第9条)
「管理費等滞納納者に対する督促期間」(第10条) 「ルールを違反している住民への注意」(第11条)
「管理組合への通知 ホウレンソウA」(第12条) 「管理会社は専有部分へ立入ることができます」(第13条)
「転売、転貸時のトラブルを防ぐには」(第14条) 「管理費等滞納者が部屋を売却する時」(第14条)
「管理員、フロントマンが起こしたトラブルの責任」(第15条) 「管理会社は口が堅くなければなりません」(第16条)
「管理会社の免責事項」(第8・17条関係) 「委託契約の解除について」(第18条)
「管理会社との契約解約の方法」(第19条) 「委託契約の有効期間と更新について」(第20条)
「契約期間満了まで更新の話がまとまらないときは?」(第21条) 「法令改正と契約内容の変更」(第22条)
「管理委託契約は管理会社との信頼が大切です」(第23条) 「法的紛争になった時の裁判所」(第24条)
【基幹事務】 「管理会社が行う会計業務」(基幹事務・会計)
「管理費等収納方法の「原則方式」とは?」(基幹事務・出納) 「支払一任方式による管理費等の収納」(基幹事務・出納)
「収納代行方式による管理費等の収納」(基幹事務・出納) 「理事長は最新の名簿を保管している」(基幹事務・出納)
「管理費等の徴収」(基幹事務・出納) 「毎月の会計報告は今時常識」(基幹事務・出納)
「管理会社が行う滞納者への督促」(基幹事務・出納) 「理事会は毎月滞納状況を確認しましょう」(基幹事務・出納)
「管理費等滞納の理由」(基幹事務・出納) 「管理費等滞納は管理会社任せにしない」(基幹事務・出納)
「滞納督促のルールを決め全戸に周知しましょう」(基幹事務・出納) 「滞納者の名前の公表は?」(基幹事務・出納)
「管理費滞納者の理事役員選任」(基幹事務・出納) 「管理費滞納は時効に気をつけましょう」(基幹事務・出納)
「滞納者に対する共用部分使用禁止」(基幹事務・出納) 「遅延損害金」(基幹事務・出納)
「法的手続きによる滞納問題解決」(基幹事務・出納) 「管理組合の銀行口座の種類」(基幹事務・出納)