管理組合の銀行口座の種類(基幹事務1-(2)-B)

管理組合の預金口座は、役割によって、「収納口座」「支払口座」「保管口座」の3種類に分けられます。

・収納口座とは、管理費・修繕積立金・駐車場等専用使用料等が入金される口座です。

・支払口座とは、管理組合の通常の管理に要する費用を支払うための口座です。

・保管口座とは、修繕積立金および管理費等余剰金を保管する口座です。

管理費等収納方法により、使用される口座が異なります。

原則方式は、3種類を一つの口座にまとめることができます。口座の名義は管理組合(理事長)名義になります。管理会社が通帳と印鑑を同時保管することができません。

支払一任代行方式は、「収納口座」と「支払口座」は同じ口座となり、この口座に限り、管理会社が通帳と印鑑を同時保管することができます。「収納口座」に各戸からの管理費等の入金があってから一ヶ月以内に修繕積立金を管理組合名義の「保管口座」に移し変えします。「保管口座」は、管理会社が通帳と印鑑を同時保管することができません。

収納代行方式は、「収納口座」は管理会社名義の口座になります。「収納口座」に各戸からの管理費等入金があってから1ヶ月以内に修繕積立金と管理費余剰金を管理組合名義の「保管口座」に移し変えします。「保管口座」は、管理会社が通帳と印鑑を同時保管することができません。

標準管理委託契約書原文(別表第1事務管理業務)より

1 基幹事務

(2)出納

B 通帳等の保管等

一 乙は、甲の保管口座に係る通帳(又は印鑑)を保管する。

コメント

F 甲の収納口座及び甲の保管口座については、適正化法第七十六条の規定に則り、乙の口座と明確に分別して管理しなければならない。

※甲は管理組合、乙は管理会社を言う

→豆知識トップページへ戻る