収納代行方式(ロ方式)による管理費等収納(基幹事務1−(2)出納の例外方式)

「収納代行方式」は、管理会社が管理費等の収納を行う際の代表的な方法の一つです。

区分所有者管理費等を管理業者名義の収納口座に振込みします。その後管理会社が委託契約に定められた管理に要する費用の支払を行った後、一ヶ月以内に残高を管理組合理事長名義の保管口座に払込します。保管口座の通帳は管理会社が、銀行登録印は理事長が保管します。

この方式は一旦管理組合名義以外の銀行口座に振込まれることになるので、管理費等の出納を行なう管理会社は、第三者の保証会社と保証契約を締結し、管理組合財産を保護する必要があります。

【法律改定に伴う変更点】

平成22年5月1日より、マンション管理の適正化の推進に関する法律一部変更により、収納代行方式はイ)方式またはロ)方式になりました。詳細は次の通りです。

イ)方式は、区分所有者等から徴収された修繕積立金等金銭を収納口座に預入し、毎月、その月分の修繕積立金等金銭から当該月中の管理事務に要した費用を控除した残額を、翌月末日までに、収納口座から保管口座(管理組合を名義人とするものとする。以下同じ。)に移し換える方法

【管理費】【修繕積立金】
区分所有者→収納口座※→(一カ月分の管理費余剰金+修繕積立金)→保管口座

※第三者の保証契約を締結した場合に管理会社が通帳・印鑑の同時保管ができる

ロ)方式は区分所有者等から徴収された修繕積立金を保管口座に預入し、預貯金として管理するとともに、管理費用に充当する金銭を収納口座に預入し、毎月、その月分の管理費用から当該月中の管理事務に要した費用を控除した残額を、翌月末日までに収納口座から保管口座に移し換える方法

【管理費】
区分所有者→収納口座※→(管理費余剰金)→(管理費余剰金)→保管口座

【修繕積立金】
区分所有者→保管口座

▼収納代行方式(イ・ロ方式)とは?

▼支払い一任代行方式(イ・ロ方式)とは?

▼原則方式(ハ方式)とは?

標準管理委託契約書原文(別表第1事務管理業務)より

1 基幹事務

(2)出納(収納代行方式による場合)

@ 甲の組合員が甲に納入する管理費、修繕積立金、専用使用料その他の金銭(以下「管理費等」という。)の収納

一 甲の管理規約等の定め若しくは総会決議、組合員名簿若しくは組合員異動届又は専用使用契約書に基づき、組合員別の1月当たりの管理費等の負担額の一覧表(以下「組合員別管理費等負担額一覧表」という。)を甲に提出する。

二 組合員別管理費等負担額一覧表に基づき、毎月次号に定める預金口座振替日の○営業日前までに、預金口座振替請求金額通知書を、○○銀行に提出する。

三 甲の組合員の管理費等の収納は、甲の管理規約第○条に定める預金口座振替の方法によるものとし、毎月○日(当該日が金融機関の休業日に当たる場合はその翌営業日。以下「収納日」という。)に、甲の組合員の口座から乙の口座(以下「収納口座」という。)に収納し、Cの事務を行った後その残額を、収納日から一月以内に、甲の口座(以下「保管口座」という。)に移し換える。この場合、甲の保管口座に移し換えるまでの管理費等については、利息を付さない。

四 毎月、甲の組合員の管理費等の収納状況を、甲に報告する。

五 乙は、以下の保証契約を締結する。

イ 保証する第三者の名称 ○○○○
ロ 保証契約の名称     ○○○○
ハ 保証契約の内容     ○○○○

※甲は管理組合、乙は管理会社

→豆知識トップページへ戻る