管理組合の銀行口座について(管理規約第62条関係)

管理組合は銀行口座を開設し、管理費修繕積立金等を保管します。

管理会社に会計業務を委託しているマンションは、一旦管理会社名義の口座を経由して管理組合の口座にお金が入金される方法を取ることがあります。

管理会社が所定の条件を満たしていれば法律上何ら問題はありませんが、毎月正しく入金されているかを、次収支報告書及び通帳の写しを提出してもらい、管理組合で確認した方が良いでしょう。

管理会社任せにならずに、きちんと管理組合主体で財産を管理すると言う姿勢が重要です。

管理組合の銀行口座の名義

標準管理規約原文より

第62条(預金口座の開設)

 管理組合は、会計業務を遂行するため、管理組合の預金口座を開設するものとする。

→豆知識トップページへ戻る