収支予算書は誰がつくるのか?(管理規約第58条関係)

管理規約では理事長が提案者となり、通常総会で承認を受けることになります。

実務上は管理会社が収支予算書(案)を作成しますが、あくまでも管理会社は管理組合の業務代行にすぎません。

来期の予算を有効に無駄なく使う方法を理事会でしっかりと考えなくてはいけません。

収支予算書を変更する時は?

修繕積立金を有効に活用する方法

管理委託費の適正額および管理サービスの適正をチェック!

標準管理規約原文より

第58条(収支予算の作成及び変更)

1 理事長は、毎会計年度の収支予算案を通常総会に提出し、その承認を得なければならない。

2 収支予算を変更しようとするときは、その案を臨時総会に提出し、その承認を得なければならない。

→豆知識トップページへ戻る