修繕委員会等の専門委員会の位置付けは?(管理規約第55条関係)

理事会は管理組合の運営を日頃行っていますが、これに修繕、管理規約変更等の重要な仕事が加わると通常の理事会とは別に頻繁に会合が必要となり、大変な負担がかかることになります。また、理事会の役員は、一般的には1年か2年で交替してしまいます。

一方、修繕や規約変更等の事業は、準備してから作業が完了するまでは、複数年期間が必要となりますが、これに携わる人は途中で交替することなく継続的に関わる必要があります。

そこで理事会とは別に独立した継続性のある組織「専門委員会」が必要となるわけです。

理事会は、大規模修繕、管理規約改定、駐車場運営等、特定の課題を調査又は検討させるために専門委員会を設置することができます。

専門委員会は理事会の諮問(調査。検討)機関の位置付けとなります。

専門委員会の責任を明確にするためにも、委員の選任方法、任期、職務、責任範囲等の詳細を明確にするためにこれらの内容を盛り込んだ運用細則を総会で決議しておくことが大切です。

標準管理規約原文より

第55条(専門委員会の設置)

1 理事会は、その責任と権限の範囲内において、専門員会を設置し、特定の課題を調査又は検討させることができる。

2 専門委員会は、調査又は検討した結果を理事会に具申する。

<標準管理規約コメント> 第55条関係

@ 専門委員会の検討対象が理事会の責任と権限を越える事項である場合や、理事会活動に認められている経費以上の経費が専門委員会の検討に必要となる場合、運営細則の制定が必要な場合等は、専門委員会の設置に総会の決議が必要となる。

A 専門委員会は、検討対象に関心が強い組合員を中心に構成されるのである。必要に応じ検討対象に関する専門的知識を有する(組合員以外も含む。)の参加を求めることもできる。

→豆知識トップページへ戻る