理事会で決められること(管理規約第54条関係)

理事会で決めることができる事項は次の通りとです。

  • 決算書、予算書、規約、細則、長期修繕計画の素案作成
  • 総会議案書の作成
  • リフォーム申請の承認または不承認
  • ルール違反者への注意
  • 専門委員会の設置
  • 管理費等滞納者に対する法的措置の行使
  • (理事長業務を補佐する)職員の採用
  • 総会で付託された事項

理事会の決裁権は、「総会で付託された事項」によって大きく変わります。

理事会に決裁権が多すぎると、役員の責任が重くなることや、理事会が管理組合の意思を反映せずに一人歩きをすることが考えられますが、ある程度の事項は理事会一任とした方が運営がスムーズにいくでしょう。

大枠と重要ポイントは総会で決め、運営の詳細は理事会に一任すると円滑な運営ができると思います。

総会の決議事項のページへ

標準管理規約原文より

第54条(決議事項)

 理事会は、この規約に別に定めるもののほか、次の各号に掲げる事項を決議する。

 一 収支決算案、事業報告案、収支予算案及び事業計画案

 二 規約及び使用細則等の制定、変更又は廃止に関する案

 三 長期修繕計画の作成又は変更に関する案

 四 その他の総会提出議案

 五 第17条に定める承認又は不承認

 六 第67条に定める勧告または指示等

 七 総会から付託された事項

→豆知識トップページへ戻る