理事会の召集(管理規約第52条関係)

理事会を招集できるのは理事長ですが、、輪番制で役員を選出しているマンションですと、くじ引き等により管理組合への参加意欲が全くない方が理事長に選任される場合があります。

理事長が理事会を召集、開催しないと、管理組合運営に支障を来たします。

そうした場合には、標準管理規約では○分の1以上(○は通常2が多い)の理事の同意を得た場合、理事長に理事会の開催を請求し規定の期間内に理事会が開催されない時は、理事長以外の役員が理事会を招集することが可能です。

理事長が総会を招集しないときは?のページへ

マンション管理の不安や悩みを解決する無料相談のページへ

標準管理規約原文より

第52条(招集)

1 理事会は、理事長が招集する。

2 理事が○分の1以上の理事の同意を得て理事会の招集を請求した場合には、理事長は速やかに理事会を収集しなければならない。

3 理事会の招集手続きについては、第43条(建替え決議を会議の目的とする場合の第1項及び第4項から第7項までを除く。)の規定を準用する。ただし、理事会において別段の定めをすることができる。

→豆知識トップページへ戻る