総会は原則区分所有者だけが出席できます(管理規約第45条関係)

管理組合総会の構成員は区分所有者=組合員です。

総会の出席できる対象者は、原則は区分所有者のみですが、総会運営を円滑にするために管理会社に出席を求めたり、議案の補足説明で各専門業者に出席を依頼したりすることがあります。

そこで、標準管理規約では、「組合員のほか、理事長が必要と認めた者は、総会に出席することができる。」と定めています。逆を返せば理事長が拒絶すれば、管理会社ですら出席することができないのです。

招集通知の発送時期招集通知発送方法招集通知記載事項

理事長以外の総会招集

総会出席者の資格賃貸居住者の総会出席

議決権とは?共有名義の議決権行使|代理および書面による議決権行使

総会の成立要件と普通決議特別決議

議事録の作成アンケート決議

標準管理規約原文より

第45条(出席資格)

1 組合員のほか、理事長が必要と認めた者は、総会に出席することができる。

2 区分所有者の承諾を得て専有部分を占有する者は、会議の目的につき利害関係を有する場合には、総会に出席して意見を述べることができる。この場合において、総会に出席して意見を述べようとする者は、あらかじめ理事長にその旨を通知しなければならない。

<標準管理規約コメント> 第45条関係

 理事会が必要と認める者の例としては、マンション管理業者、管理員、マンション管理士等がある。

→豆知識トップページへ戻る