総会通知には何を書けば良いのか?(管理規約第43条関係)

会議の「日時」、「場所」及び「目的」、そして、特別決議が必要な議案があるときは、その「議案の要領」を通知することになります。

総会当日は欠席し、委任状及び書面で議決権を行使する方もいますので、総会の開催する目的である審議する議案については、経緯、趣旨、議決する具体的な選択肢を示すことが必要です。

日時:平成20年6月14日(土曜日) 午前10時開始(終了予定正午)
↑会場の都合で閉会の時間が決まっている場合は、終了予定時間を明記

場所:横浜市マンション支援財団会議室(横浜市中区不老町○―○―○)
↑マンション外の会場を使用する場合は住所の記載と地図を同封しましょう

議案:修繕積立金改定の決議

当マンションは築年数22年を経過しました。昨年建物及び付帯設備の劣化診断を実施し、修繕時期を検討した結果、3年以内に二回目の建物外装大規模修繕工事及び給排水管の更正工事を実施することが望ましいとの結論に達しました(2月の住民説明会資料参照)。

現在の修繕積立金は、5年前に立案した長期修繕計画書により算出された資金計画に基づいたものです。長期修繕計画書と今回の結論を比較すると、建物外装大規模修繕はほぼ予定通りですが、給排水管更正工事は長期修繕計画より5年間前倒しで実施することとなり、その部分において資金不足が発生します(別紙グラフ参照)。

理事会で検討した結果、建物の資産価値を長期的な視野で維持していくために、適正な修繕を行なうことは不可欠であると判断しました。そこで資金不足を解消するために、修繕積立金を、平成21年1月分より現在の金額から1平米あたり約30円(詳細は別紙修繕積立金改定予定表参照)値上げすることについて承認を頂きたく提案致します。何卒ご理解頂けますようお願い申し上げます。
↑総会は、あらかじめ通知した事項についてのみしか、決議することができません。議案の趣旨説明はしっかり記述しましょう

招集通知の発送時期招集通知発送方法招集通知記載事項

理事長以外の総会招集

総会出席者の資格賃貸居住者の総会出席

議決権とは?共有名義の議決権行使|代理および書面による議決権行使

総会の成立要件と普通決議特別決議

議事録の作成アンケート決議

標準管理規約原文より

第43条(召集手続)

1 総会を招集するときは、少なくとも会議を開く日の2週間前(会議の目的が建替え決議であるときは2か月前)までに、会議の日時、場所及び目的を示して、組合員に通知を発しなければならない。

2 前項の通知は、管理組合に対し組合員が届出をしたあて先に発するものとする。ただし、その届出のない組合員に対しては、対象物件内の専有部分の所在地あてに発するものとする。

3 第1項の通知は、対象物件内に居住する組合員及び前項の届出のない組合員に対しては、その内容を所定の掲示場所に掲示することをもって、これに代えることができる。

4 第1項の通知をする場合において、会議の目的が第47条第3項第一号、第二号若しくは第四号に掲げる事項の決議又は建替え決議であるときは、その議案の要領をも通知しなければならない。

5 会議の目的が建替え決議であるときは、前項に定める議案の要領のほか、次の事項を通知しなければならない。

 一 建替えを必要とする理由
 二 建物の建替えをしないとした場合における当該建物の効用の維持及び回復(建物が通常有すべき効用の確保を含む。)をするのに要する費用の額及びその内訳
 三 建物の修繕に関する計画が定められているときは、当該計画の内容
 四 建物につき修繕積立金として積立てられている金額

6 建替え決議を目的とする総会を招集する場合、少なくとも会議を開く日の1か月前までに、当該召集の際に通知すべき事項について組合員に対し説明を行うための説明会を開催しなければならない。

7 第45条第2項の場合には、第1項の通知を発した後遅滞なく、その通知の内容を、所定の掲示場所に掲示しなければならない。

8 第1項(会議の目的が建替え決議であるときを除く。)にかかわらず、緊急を要する場合には、理事長は、理事会の承認を経て、5日間を下回らない範囲において、第1項の期間を短縮することができる。

<標準管理規約コメント> 第43条関係 (第3項、第7項関係)

 所定の掲示場所は建物内の見やすい場所に設けるものとする。以下同じ。

→豆知識トップページへ戻る