監事は理事ではありません(管理規約第41条関係)

監事は企業で言う監査役にあたります。役員ではありますが、理事会を構成する理事ではありませんので、理事会に出席する義務はありません(理事会に出席は可能)。

監事の仕事は、次の通りです。

@管理組合の業務の執行及び財産の状況を監査し、その結果を総会に報告します

A管理組合の業務の執行及び財産の状況について不正があると認めるときは、臨時総会を招集することができます

役員の中では楽な仕事と思われがちで、名ばかりの職務となっていることがありますが、理事会・管理組合運営をチェックする重要な役割です。また、理事長以外で区分所有者単独で総会を招集することができるのは監事だけです。

標準管理規約原文より

第41条(監事)

1 監事は、管理組合の業務の執行及び財産の状況を監査し、その結果を総会に報告しなければならない。

2 監事は、管理組合の業務の執行及び財産の状況について不正があると認めるときは、臨時総会を招集することができる。

3 監事は、理事会に出席して意見を述べることができる。

→豆知識トップページへ戻る