会計理事の仕事とは?(管理規約第40条関係)

標準管理規約では、会計担当理事は、管理費等の収納、保管、運用、支出等の会計業務を行うこととされておりますが、管理会社と業務契約をしているマンションは、会計業務を管理会社に委託していますので、会計業務はせず、理事会を構成する一理事として理事会活動に参加することになります。

何らかの事情により管理会社不在となった時は、会計担当理事が会計業務を行なうことになります。管理会社が倒産する等の事態も考えられますので、管理会社から会計業務の概要についてレクチャーを受けておくと良いでしょう。

標準管理規約原文より

第40条(理事)

1 理事は、理事会を構成し、理事会の定めるところに従い、管理組合の業務を担当する。

2 会計担当理事は、管理費等の収納、保管、運用、支出等の会計業務を行う。

→豆知識トップページへ戻る