役員報酬、経費の支払いについて(管理規約第37条関係)

標準管理規約では役員としての活動に応ずる必要経費の支払と報酬を受けることができるとされておりますが、金額及び運用ルールをあらかじめ総会で決める必要があります。

役員の成り手が少なく役員が固定化しているマンションでは不公平感を是正する措置として、役員報酬を支払っているケースが多いようですが、輪番(持ち回り)制で役員を決めているマンションは、早いか遅いかの差こそあれど公平に役員が回ってくることになりますので、役員全員に報酬を支払うことは少ないようです。

輪番制を採用しているマンションでも、マンションのために役員が講習会へ参加することや、諸機関へ相談にいくことが考えられます。そうした場合、交通費、講習料・相談料等の経費、日当分を管理組合が負担すべきことになるので、円滑な活動ができるよう理事会運営細則を策定し、経費の支出を認めることをお勧めします。

標準管理規約原文より

第37条(役員の誠実義務等)

1 役員は、法令、規約及び使用細則その他の細則(以下「使用細則等」という。)並びに総会又は理事会の決議に従い、組合員のため、誠実にその職務を遂行するものとする。

2 役員は、別に定めるところにより、役員としての活動に応ずる必要経費の支払いと報酬を受けることができる。

→豆知識トップページへ戻る