役員の任期はどのくらいがいいの?(管理規約第36条関係)

輪番(持ち廻り)制で役員を選任するマンションは「一年間」と規約で定める管理組合が多いと思います。なるべくなら面倒な役員になるのは遠慮したいと言うの、一年でも長いと感じるのが本音ではないでしょうか?

しかし、マンション運営は一年単位で全て問題が片付くとは限りません。事案によっては、何年間も時間を要してようやく結論が出ることが多々あります。一年総入れ替えの選任方法は継続性に不安が残ります。また、管理会社に依存する傾向が強まり理事会の自主性が気薄になりますし、管理会社の力量が足りなければ、問題が毎回先送りされ、いつまでたってもマンションがよい方向に進んでいきません。そこで、マンションの運営を活性、円滑にするためには、半数入れ替え二年任期にすることをお勧めします。

やる気のある方には長く役員をやってもらいたいと思うでしょうから、標準管理規約では「再任を妨げない」としております。この場合、役員が長期固定化することによる、考え方が偏る恐れや、マンションを役員が私物化する懸念があるので、再任を何期までとする限度年数を決めておく方が良いでしょう。

→続きを読む|役員の任期次期役員が決まらない時役員が転居した時

標準管理規約原文より

第36条(役員の任期)

1 役員の任期は○年とする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 任期の満了又は辞任によって退任する役員は、後任の役員が就任するまでの間引き続きその職務を行う。

4 役員が組合員でなくなった場合には、その役員はその地位を失う。

<標準管理規約コメント> 第36条関係

@ 役員の任期については、組合の実情に応じて1〜2年で設定することとし、選任に当たっては、その就任日及び任期の期限を明確にする。

A 業務の継続性を重視すれば、役員は半数改選とするのもよい。この場合には、役員の任期は2年とする。

B 役員が転出、死亡のその他の事情により任期途中で欠けた場合、補欠の役員を理事会の決議で選任することができると、規約に規定することもできる。

→豆知識トップページへ戻る