管理費から使われるお金(管理規約第27条関係)→管理委託費適正診断無料

標準管理規約では、「管理費は、次の各号に掲げる通常の管理に要する経費に充当する。」とされています。具体的な内容は次の通りになります。

一 管理員人件費・・勤務時間に応じて時給で計算されます。管理会社から派遣される場合は管理会社に支払います

二 公租公課・・国または地方公共団体によって公の目的のために賦課(ふか)される金銭負担の総称です。管理組合が支払う税金等の公的支出があればこれに該当します

三 共用設備の保守維持費及び運転費・・エレベーター保守、設備点検、受水槽清掃、消防設備点検等に要する費用です

四 備品費、通信費その他の事務費・・管理組合の資料を保管する書棚等の備品、管理組合活動のために必要な電話代・郵便代、管理組合運営のための事務用品代です

五 共用部分等に係る火災保険料その他の損害保険料・・保険会社に支払うお金です

六 経常的な補修費・・通用扉の開閉不良、照明器具の故障等の工事費が工学ではない小規模修繕を指します

七 清掃費、消毒費及びごみ処理費・・共用部の清掃費(管理員が兼務する場合は特別清掃費等)、樹木の消毒、有料ゴミの費用(各住戸から廃棄されるゴミ処理費を除く)です

八 委託業務費・・管理会社に支払う委託費です

九 専門的知識を有する者の活用に要する費用・・弁護士、建築士、マンション管理士等の専門家に助言を求めた場合に要する相談料・顧問料です

十 地域コミュニティにも配慮した居住者間のコミュニティ形成に要する費用・・居住者間の親睦を深めるための懇親会費用や地域住民との交流も目的とした自治会等への行事参加の費用です

十一 管理組合の運営に要する費用・・理事会運営のための参考文献の購入や理事会及び総会資料の印刷代です

十二 その他敷地及び共用部分等の通常の管理に要する費用・・電気代、水道代、振込み手数料等上記内容に当てはまらない管理組合運営にあたり必要なお金です

標準管理規約原文より

第27条(管理費)

管理費は、次の各号に掲げる通常の管理に要する経費に充当する。

 一 管理員人件費
 二 公租公課
 三 共用設備の保守維持費及び運転費
 四 備品費、通信費その他の事務費
 五 共用部分等に係る火災保険料その他の損害保険料
 六 経常的な補修費
 七 清掃費、消毒費及びごみ処理費
 八 委託業務費
 九 専門知識を有する者の活用に要する費用
 十 地域コミュニティーにも配慮した居住者間のコミュニティー形成に要する費用
 十一 管理組合の運営に要する費用
 十二 その他敷地及び共用部分等の通常の管理に要する費用}

<標準管理規約コメント> 第27条関係

@ 管理組合の運営に要する費用には役員活動費も含まれ、これについては一般の人件費等を勘案して定めるものとするが、役員は区分所有者全員の利益のために活動することにかんがみ、適正な水準に設定することとする。

A コミュニティー形成は、日常的なトラブルの未然防止や大規模修繕工事等の円滑な実施などに資するものであり、マンションの適正管理を主体的に実施する管理組合にとって、必要な業務である。管理費からの支出が認められるのは、管理組合が居住者間のコミュニティー形成のために実施する催事の開催費用等居住者間のコミュニティー形成や、管理組合役員が地域の町内会に出席する際に支出する経費等の地域コミュニティーにも配慮した管理組合活動である。他方、各居住者が各自の判断で自治会、町内会等に加入する場合に支払うこととなる自治会費、町内会費等は地域コミュニティーの維持・育成のため居住者が任意に負担するものであり、マンションという共有財産を維持・管理していくための費用である管理費等とは別のものである。

→豆知識トップページへ戻る