管理費等を滞納したまま部屋を売った時は?(管理規約第26条関係)

管理費等は民法の「法定担保」と言って、大変効力の強い債権です。

管理費等を多額に滞納したまま、相続や売却等で新しい区分所有者に替わった場合、新しい区分所有者が過去滞納した管理費等を支払う法的効力があります。

標準管理規約原文より

第26条(承継人に対する債権の行使)

 管理組合が管理費等について有する債権は、区分所有者の包括承継人及び特定承継人に対しても行いことができる。

→豆知識トップページへ戻る