管理組合が行なう改修を断ることができるの?(管理規約第23条関係)

給排水管や配線等の共用部分と一体となった専有部分の改修工事は、管理組合が一体となって実施することができます。

この場合、室内の立入りを拒否する住戸があると、その部屋が原因でマンション全体への影響が考えられることから、標準管理規約では「管理を行う者は、管理を行うために必要な範囲内において、他の者が管理する専有部分又は専用使用部分への立入りを請求することができる。」とし、また「立入りを請求された者は、正当な理由がなければこれを拒否してはならない。」と定めています。

総会で同意を得られない限り、住戸の個別事情で管理組合が一体となって行なうと決めた改修を断ることができません。もし、断った場合には、管理組合が改修場所に立ち入り管理できることが法的に可能です。

標準管理規約原文より

第23条(必要箇所への立入り)

1 前2条により管理を行う者は、管理を行うために必要な範囲内において、他の者が管理する専有部分又は専用使用部分への立入りを請求することができる。

2 前項により立入りを請求された者は、正当な理由がなければこれを拒否してはならない。

3 前項の場合において、正当な理由なく立入りを拒否した場合は、その結果生じた損害を賠償しなければならない。

4 立入りをした者は、速やかに立ち入りした箇所を原状に復さなければならない。第22条(窓ガラス等の改良)

→豆知識トップページへ戻る