賃貸居住者はマンションのルールに従う義務があります!(管理規約第19条関係)

マンションの部屋を賃貸に出したときは、部屋を所有する区分所有者占有者に管理規約及び使用細則を守らせる義務があります。

通常部屋を仲介取引する不動産業者が、区分所有者に替わり賃貸居住者にルールの説明を行うことになりますが、入居後言った言わないのトラブルにならぬよう、標準管理規約では、マンションのルールを守る旨の誓約書を賃貸居住者が書き、管理組合に提出することとされております。

誓約書の提出義務を知らない区分所有者も多いかと思います。ルール違反者を出さぬよう、管理組合はマンションの諸規則をしっかりと啓蒙していくことが大切でしょう。

標準管理規約原文より

第19条(専有部分の貸与)

1 区分所有者は、その専有部分を第三者に貸与する場合には、この規約及び使用細則に定める事項をその第三者に遵守させなければならない。

2 前項の場合において、区分所有者は、その貸与に係る契約にこの規約及び使用細則に定める事項を遵守する旨の条項を定めるとともに、契約の相手方にこの規約及び使用細則に定める事項を遵守する旨の誓約書を管理組合に提出させなければならない。

<標準管理規約コメント> 第19条関係

@ 規約の効力は対象物件の使用方法につき占有者にも及ぶが、本条は、それ以外に、区分所有者がその専有部分を第三者に貸与する場合に、区分所有者がその第三者に、この規約及び使用細則に定める事項を遵守させる義務を定めたものである。

A 第三者が遵守すべき事項は、この規約及び使用細則に定める事項のうち、対象物件の使用に関する事項とする。

B 貸与に係る契約書に記載する条項及び管理組合に提出する誓約書の様式は次のとおりとする。

賃貸借契約書

1 賃借人は、対象物件の使用、収益に際して、○○マンション管理規約及び同使用細則に定める事項を誠実に遵守しなければならない。

2 賃借人が、前項に規定する義務に違反したときは、賃貸人は、本契約を解除することができる。

誓 約 書

 私は、○○○○(賃貸人)との○○マンション○○号室(以下「対象物件」という。)の賃貸借契約の締結に際し、下記事項を誓約します。


 対象物件の使用に際しては○○マンション管理規約及び同使用細則に定める事項を誠実に遵守すること。

平成 年 月 日
○○マンション管理組合
理事長 ○○○○ 殿
住所
氏名

C 区分所有者は、その専有部分を第三者に貸与している間(当該専有部分から転出する場合のみならず、転出後さらに転居する場合も含む。)は、現に居住する住所、電話番号等の連絡先を管理組合に届け出なければならない旨を規約に定めることも、区分所有者に連絡がつかない場合を未然に回避する観点から有効である。また、長期間不在にする場合も、届出の規定を設けることが有効である。なお、上述の定めをした場合であっても、届出をしない区分所有者に対する総会招集手続きについては、第43条第2項及び第3項によることとなる。

→豆知識トップページへ戻る