管理事務室は誰のもの?(管理規約第16条関係)

管理事務室は管理組合の財産(共用部分)です。管理組合は、委託している管理会社に仕事をしてもらうために貸し出していることになります。電気室、ガス設備室も同様の考え方で、電力会社やガス会社に貸与しています。

この部屋の使用料については、管理規約で無償としていることがほとんどのようですが、先方と合意が得られれば有償とすることも可能です。

管理員室を管理員が汚く使っていることをみかけますが、管理会社の意識が足りないと思います。マンションの財産の一部なのですから、大切に使ってもらいものです。

標準管理規約原文より

第16条(敷地及び共用部分等の第三者の使用)

1 管理組合は、次に掲げる敷地及び共用部分等の一部を、それぞれ当該各号に掲げる者に使用させることができる。

一 管理事務室、管理用倉庫、機械室その他対象物件の管理の執行上必要な施設、管理事務(マンションの管理の適正化の推進に関する法律(以下「適正化法」という。)第2条第6号の「管理事務」をいう。)を受託し、又は請け負った者

二 電気室 ○○電力株式会社

三 ガスガバナー ○○ガス株式会社

2 前項に掲げるもののほか、管理組合は、総会の決議を経て、敷地及び共用部分等(駐車場及び専用使用部分を除く。)の一部について、第三者に使用させることができる。

<標準管理規約コメント> 第16条関係

@ 有償か無償かの区別、有償の場合の使用料の額等について使用条件で明らかにすることとする。
A 第2項の対象となるのは、広告塔、看板等である。

→豆知識トップページへ戻る