バルコニー・専用庭は自由に使えるの?(管理規約第14条関係)

バルコニー、ルーフバルコニー、専用庭は共用部分(または敷地)の専用使用部分という扱いになります。

専用使用部分とは、敷地及び共用部分等の一部について、特定の区分所有者が排他的に使用できる権利がある部分を言います。

部屋を購入したときに、部屋とセットで共用部または敷地であるバルコニーや専用庭を使える権利がついて来ると思ってください。

管理規約や使用細則で使用ルールが定められておりますので、住民が好き勝手に利用できるわけではありません。例えば、下記危険物を保管してはいけないとか、避難通路を兼ねるので通行を妨げる物を置いてはいけない等の規定があります。

標準管理規約原文より

第14条(バルコニー等の専用使用権)

1 区分所有者は、別表第4に掲げるバルコニー、玄関扉、窓枠、窓ガラス、一階に面する庭及び屋上テラス(以下この条、第21条第1項及び別表第4において「バルコニー等」という。)について、同表に掲げるとおり、専用使用権を有することを承認する。

2 一階に面する庭について専用使用権を有している者は、別に定めるところにより、管理組合に専用使用料を納入しなければならない。

3 区分所有者から専有部分の貸与を受けた者は、その区分所有者が専用使用権を有しているバルコニー等を使用することができる。

<標準管理規約コメント> 第14条関係

@ バルコニー等については、専有部分と一体として取り扱うのが妥当であるため、専用使用権について定めたものである。

A 専用使用権は、その対象が敷地又は共用部分等の一部であることから、それぞれの通常の用法に従って使用すべきこと、管理のために必要がある範囲内において、他の者の立入りを受けることがある等の制限を伴うものである。また、工作物設置の禁止、外観変更の禁止等は使用細則で物件ごとに言及するものとする。

B バルコニー及び屋上テラスがすべての住戸に附属しているのでない場合には、別途専用使用料の徴収について規定することもできる。

→豆知識トップページへ戻る