長期修繕計画作成・検証はマンション管理支援事務所一級建築士事務所

長期修繕計画はどこも同じではない

長期修繕計画書は活用されていますか?

皆様のマンションの長期修繕計画書の状況をチェックしてみませんか?

  • 長期修繕計画書はありますか?
  • 長期修繕計画は国土交通標準様式に対応していますか?
  • 長期修繕計画の計画年数は25年または30年ですか?
  • 定期的(概ね5年毎)に見直しを行なっていますか?
  • これまで実施した修繕工事と長期修繕計画書に記載の計画と比較し、執行状況や予算の消化率を確認していますか?

折角長期修繕計画書を作成しても、修繕積立金改定の材料になるだけで、計画書を理解し、適切な維持・管理のために役立てているマンションは少ないのです。長期修繕計画書があるだけで安心してはダメです。

管理会社作成の長期修繕計画書は適切な内容か?

管理会社にとって修繕はうまみのある商売です。あらかじめ自社の利益を多分に含んだ工事予算を長期修繕計画に計上しておけば、定期的に管理会社が仕事をもらえるチャンスが訪れます。また、予算・周期を知っているのですから、管理会社にとって有利に話を進めることができます。

とくに大規模修繕は大きなお金が動くため、専門知識の乏しい管理組合の不安をあおり、必要以上の修繕工事や割高な見積を勧められる傾向が強いのです。管理会社が元請を提案する場合は試算する単価を高くする傾向にあるので注意しましょう。

以上のように管理会社が提出した長期修繕計画書の工事金額を鵜呑みにすると、修繕積立金の高騰=各戸の負担増につながる場合があります。マンションの財源(修繕積立金)が少なければ、修繕の方法(工法・材料)・周期・単価等の細部を検証し、必要な条件を満たしたスリムな代替案を立てることも可能です。

修繕積立金を値上げする前に

修繕積立金の値上げの理由が大切な資産であるマンションを長期間維持するためとは言え、家計を圧迫することはどこの家庭も嫌なはずです。

修繕積立金を見直す前に、まずは、長期修繕計画の資金案を調整・工夫できないか?チェックしましょう。

マンション管理支援事務所の長期修繕計画書の検証・分析業務

管理会社作成長期修繕計画書の検証・代替案提示業務

管理会社作成の長期修繕計画書の内容(様式・工期・周期・工法・単価等)を検証し、『長期修繕計画分析書』を作成、提示します。

改善の余地がある箇所(周期、単価、工法等)を指摘し、最適なプランが導き出せるよう国土交通省標準に基づいた代替案を提示します。管理組合は複数のプラン(管理会社及び当事務所代替案)を検討でき、最適な計画を導き出せ、トータルコストが削減できれば、修繕積立金改定額も抑制できます。

国土交通省標準様式に準拠した長期修繕計画作成業務

簡易建物診断で建物の現況を踏まえた上で、長期修繕計画書を作成、報告・説明会を開催します。

1.簡易建物診断

2.国土交通省標準様式に基づく長期修繕計画書作成

  • 計画周期30年
  • 建築は積算法、設備は概算法

3.建物診断及び長期修繕計画書の説明・報告会