大規模修繕コンサルタントのメリット|大規模修繕工事

大規模修繕をコンサルタントに依頼するメリット

工事会社や管理会社に直接大規模修繕工事を発注する方法では、設計仕様、見積、契約内容、工事監理の第三者のチェックがありません。

コンサルタントがサポートすることで、管理組合は次のメリットが得られます。

  • 大規模修繕をコンサルタントに依頼することで、競争性・客観性・透明性が図れ、結果的に無駄な支出が減り、質の高い工事を実現することが可能です。
  • 業者選定場面、決定場面において第三者のプロから助言と提案が得られます
  • 過剰工事、不必要な項目を発見し、無駄のない適切な修繕を実現できます
  • 管理組合の様々な疑問に対して、第三者としてわかりやすい説明を受けられます
  • 管理組合の適切な意思決定のサポートができます
  • 時間的に余裕のない専門委員会・理事会に代わり、色々なアイデアを提案します
  • 管理組合内の意見調整役と対外交渉の調整役を果たします
  • 見積の厳正な比較と価格交渉の支援が受けられます
  • 契約が管理組合にとって不利ではないかチェックできます

コンサル選びは慎重に!一級建築士への過信は禁物です

一級建築士だから、実績がある設計事務所だからと言って、安心してはいけません。良識の欠けるコンサルタントは、少しでも楽して、なるべく多くの利益を得ようとします。管理会社お任せ方式を批判し、知識が乏しく、専門家への依存体質が生まれやすい管理組合を食い物にしているハイエナのようなコンサルタントが多いのがこの業界の実情です。

一級建築士だからといって大規模修繕のプロとは限らない

一級建築士は新築の技術には優れていても、改修に長けている方は少数派です。

仮に技術支援ができても、管理組合運営の理解に乏しく管理組合運営のサポートや居住者の配慮に欠けることがあります。

不景気の中、新築建設が減り、一級建築士が大規模修繕コンサルタントに新規参入していますが、住みながら改修を行なうマンション大規模修繕は簡単な仕事ではありません。

改修技術と管理組合サポートの両方に精通しなければ、管理組合の満足を得られる仕事は提供できません。

▼マンション管理支援事務所はマンション管理士と一級建築士がダブル担当でサポート

談合・バックマージンの悪しき習慣が残る大規模修繕業界

旧態依然とした悪しき慣習を大規模修繕業界へ持ち込んでいることがあります。

不景気の中、仕事が欲しい設計事務所は、安い見積を提示しコンサルタント業務を請け負うことがあります。

その結果、利益をどこか調整しようと、管理組合の見えないところで工事業者にバックマージンを請求。その結果、管理組合は割高な工事を発注させられることになります。

業者と癒着し、特定の業者を管理組合へ斡旋し、高額のマージンを取っている業者もいるようです。

また、こうした裏でお金が動く現場では、監理側と工事業者との慣れ合いが生じ工事品質を確保することができません。

▼ノー・リベート宣言のマンション管理支援事務所