ここまで出来るマンション管理支援事務所の大規模修繕コンサルタント

管理組合の自主性を尊重した、多彩な大規模修繕サポートメニュー

マンション管理支援事務所一級建築士事務所は、管理組合主体による大規模修繕工事の成功をサポートします。

マンション管理支援事務所コンサルタント業務の特徴

@マンション管理士と一級建築士が共同担当でサポートします。
A核となる一級建築士は管理会社、診断業者、改修専門業者に従事した経験があり、大規模修繕分野の技術的な知識が豊富です。
B無駄・不必要な工事を排除し、マンションの貴重な財産を有効に活用します。
C理事会・修繕委員会・組合員が理解しながら工事を進められるよう、わかりやすい説明を心がけます
D管理組合が望むニーズ、予算に対応できるよう、様々なサポートプランを提案します。
E設計においては複数のプラン(性能保証が全て出るフルスペック、必要最低限の補修のみを行なうミニマム提案等)を提示することで、管理組合は予算に応じた改修メニューを選ぶことができます
F提案する選択肢については、デメリット、メリット、留意事項をガラス張りにお知らせします。デメリットについては、事前にそれを補う方策を講じることができるので不安を解消できますF少数精鋭のプロフェッショナルなチームが機動力を生かし迅速な対応をします。
G小戸数・小規模マンションの事情に合ったリーズナブルなコンサルタントのメニューを準備します。
H無料のお試しコンサルタントをご利用頂くことで、契約前にコンサルタントの実力、管理組合との相性を確認できます。
I大規模修繕だけではなく日常管理の相談もワンストップで、的確なアドバイスを受けられます

大規模修繕コンサルタント業務メニュー

▼三つの大規模修繕工事発注方式

修繕工事の進め方 当事務所のサポートメニュー
進め方未定
まずは勉強したい
出張勉強会・セミナー無料※
大規模修繕の基本的知識及び進め方を専門家がレクチャーします
自主監理方式 アドバイザー業務
管理組合顧問として、第三者のチェック・適切な助言をします
管理会社お任せ方式 責任施工方式サポート
施工会社責任方式のメリットを生かし、デメリットを解消するローコストコンサルタント
施工会社責任施工方式
設計監理分離発注方式 設計・監理方式サポート(フルコンサルタント)
診断から工事完了まで総合コンサルタントを行います。
(小戸数マンション) 小規模マンション向けコンサルタント
小規模マンション向けにコンサルタントメニューを絞り込んだローコストプラン
一級建築士の資格を持っていても、大規模修繕のエキスパートとは限らない

一級建築士の資格で学習することは、基本的に新築の設計・構造がメインです。

建築士は新築設計のエキスパートかもしれませんが、改修のプロ資格ではありません。

新築設計業務では、無から形にしていく机上世界であり、建物が存在している修繕においては、現場経験が重要であり、担当者がどの程度改修に熟知しているかがポイントになります。

また、一級建築士は管理組合得運営面のサポートに関しては素人です。「住みながら改修を行う」大規模修繕工事は、管理組合運営上の適切なアドバイス、居住者とのコミュニケーション能力が重要なカギとなります。

当事務所の核となる一級建築士は管理会社、診断業者、改修専門業者に従事した経験があり、大規模修繕分野の技術的な知識・現場経験が豊富です。また、管理業務主任者の国家資格を有し、管理組合運営の在り方を熟知しています。

設計事務所・建築専門コンサルにはないきめ細かな対応をマンション管理士と一級建築士が共同作業で実現

大規模修繕工事は、改修に関する建物の専門的な知識や経験から、居住者の満足度を高め、合意・理解を得るための管理組合運営のノウハウまで、ソフト面からハード面までの幅広いスキルが必要です。理事会・総会での合意形成、住んでいる方にとってわかりやすい工事、区分所有者に理解が得られる説明、ソフト面が重要になります。

改修専門設計事務所は、ハード面である技術的な知識・技術に秀でていても、マンション管理の実務を専門で行っているわけではありませんので、こうしたソフト面での支援体制に不安が残ります。

住みながら修繕を行うマンションでは、住む側の視点を理解したソフト面での支援が大切なのです。

マンション管理支援事務所では、管理組合運営支援に精通したマンション管理士と、改修を得意とする一級建築士が共同担当となり、ソフト面からハード面まで強力にバックアップします。

競争を阻害し、工事金額を高くするバックマージン、リベートは断ります

マンション管理業界は紹介料の名目で、リベートやバックマージンと言われる管理組合様に見えないお金があたりまえのように動いています。大規模修繕工事でも例外ではありません。

バックマージンやリベートは競争を阻害し、管理組合の財産を余分に浪費することとなります。また、マージンをもらうコンサルタントは施工会社に強くものを言うことができなくなり、工事中の品質チェックが疎かになります。

当事務所は管理組合様の利益を守り、管理組合の味方に立ち正確な分析・検証・チェックを行えるよう施工業者からのリベート・バックマージンは一切受け取りません。

また、業者選定において特定の会社を推薦することはしません。管理組合様の要望に応えた公募で透明性のあるコンサルタントを行います。